6月6日開花情報

日時:6月6日(月)
撮影時刻:午前9時30分頃
天気:晴れ

北山公園の開花状況:咲き始め

昨晩は遅くに一時的に大雨になりましたが、本日は朝からきれいな青空です。
気温も上がり、朝からたくさんの方が北山公園へ来られていました。
菖蒲もどんどん開花が進んでおり、週末ごろには見頃を迎えると思います。

本日もたくさんの種類の花が開花しましたが、一気に咲き始めたので、撮影と種類の判別が間に合わなくなってきました。本日からは咲いた花の中でも代表的なものを中心にいくつかずつ紹介してゆきたいと思います。

稔の秋(みのりのあき) 種間交配種

この花は昨日咲いたのですが、昨晩の雨で花びらが切れてしまいました。通常では花菖蒲に無い色素を持っており、この花は帰化菖蒲(キショウブ)との交配でできた品種です。愛知の輝も同じようにキショウブとの交配品種です。

十二単衣(じゅうにひとえ) 江戸系

通常花菖蒲は花びらの枚数で3英・6英・八重咲きに分類されるのですが、この花は花びらの枚数が3枚から6枚に咲き分ける珍しい花です。この花は花びらが4枚です。

玉宝蓮(ぎょくほうれん) 江戸系

まだつぼみと思われがちですが、この花は玉咲きといってこの状態が開花している状態です。花びらが開いたときは花の終わりを意味します。これもとても変わっている花です。

そして北山公園の全体風景ですがこちらになります。

定位置で八国山をバックに撮影しているのですが、ここからの撮影だとまだまだぜんぜん咲いていないように見えてしまいますが、株ごとにはところどころで結構咲いています。

引いて撮影しているため、つぼみが写らないのが残念ですが、もうかなりの数のつぼみが上がっています。
ここ数日で一気に咲くと思いますので、これからは華やかな写真が撮影できてくると思います。

カテゴリー:北山公園開花情報
タグ:
菖蒲まつり実行委員会

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Copyright © 2019 Higashimurayama Society of Commerce and Industry All Rights Reserved.